カンジダ症 症状と治療法:妊娠中の膣カンジダ症

妊娠中の膣カンジダ症

妊娠中,妊娠,膣カンジダ症,治療法

膣カンジダ症は、妊娠中にも患う事がある病気です。むしろ、妊娠中の女性の方が膣カンジダ症にかかる事が多いと言われています。
妊娠中であるという負担がストレス等で細菌を増殖し、膣カンジダ症にかかっているようです。では、妊娠中に膣カンジダ症にかかった場合の注意点などはどういうところでしょうか。
妊娠中に膣カンジダ症になって一番気になるのは、治療法です。安易に薬を使用する事が出来ない妊娠中ですから、膣カンジダ症をどうやって治療するのか不安に思っている方も多い事でしょう。
膣カンジダ症に使用される、膣錠は妊娠中でも使用する事が出来る薬です。それでも不安はあるでしょうから、医師から納得いくまで説明をしてもらいましょう。
膣カンジダ症が、胎児に影響を及ぼす事はありませんが、分娩中に膣カンジダ症を患っていた場合は、赤ちゃんへの影響が考えられます。そのため、分娩前までには膣カンジダ症を完治させなければいけません。
かゆみやおりものに変化があった場合は、検診時にでも医師に相談してみましょう。膣カンジダ症である事が分かれば、適切な治療により早めに完治する事を考えましょう。
薬は、10日〜2週間ほど処方されます。また、1週間に1度だけで済む薬などもありますから、医師と相談して負担が少ない方にしてもらいましょう。