カンジダ症 症状と治療法:膣カンジダ症とその原因

膣カンジダ症とは

多くの女性が抱えていると言われている病気が、膣カンジダ症です。これは、女性だけに見られる病気です。
カンジダは細菌です。性交渉で人にうつる可能性があります。
そのため、膣カンジダ症を甘く見てはいけません。少しでも不安がある方は、病院に行く事をお勧めします。
では、膣カンジダ症とはどういった症状が出るのでしょうか。多くの人は、かゆみを訴えます。
かゆみがあり、おりものに異常を感じたら婦人科を訪れた方が良いでしょう。膣カンジダ症と診断されれば、膣カンジダ症の薬を処方してもらう事が出来るでしょう。
婦人科系の病気の場合、なかなか病院に行かない人が多いようです。やはり抵抗があるというのが、本音でしょうか。
膣カンジダ症は、重い病気ではありません。薬等で症状を抑える事が出来ます。
ですが、再発の恐れが高い病気なので通院を長くする必要が出てきます。病院に通う手間を考えると、膣カンジダ症は面倒な病気だと思われてしまいます。
重い病気でないのであれば、病院へ行く事をしない人がいますが、それは危険です。感染力の強い病気ですから、他の人への影響も考えて必ず病院へいき、診断を受けるようにしてください。
恥ずかしがることはありません。違和感や不安がある方は、婦人科を一度訪問してください。

膣カンジダ症の原因は

膣カンジダ症を患っている人は、普通の人で15%程度いると言われています。これが、妊婦や出産後の人で20〜30%へと増加する傾向があるようです。
では、膣カンジダ症になってしまう原因とはどういった所にあるのでしょうか。膣カンジダ症について調べてみました。
実は、カンジダ菌というのはもともとデリケートゾーンだけではなく、口や手などにも普通に生息する細菌です。それが、なんらかの理由により繁殖し、数が多くなると症状として表れているようです。
ただし、何が原因により増殖するのかが分かっていないのが現状です。ストレスや、薬の影響などで膣カンジダ症を訴える患者が多い事から、主な原因としてあげられています。
特に、妊娠中は膣カンジダ症を患う方が多く、それだけ負担が大きい事が考えられます。症状に心当たりがある人は、一度産婦人科で診察してもらうとよいでしょう。
膣カンジダの場合は、性交渉により人に感染する可能性があります。特に男性は、感染しても症状が出にくいため分からないというのが難点です。
症状が出ない男性側がカンジダ症である場合、女性と性交渉をする事で女性が膣カンジダ症になるという事は、良くある事のようです。膣カンジダ症である事が分かった場合、男性側にも診察を受けてもらった方が良いでしょう。