カンジダ症 症状と治療法:爪に出来るカンジダの症状

爪に出来るカンジダの症状

カンジダは、主に女性が訴える事が多い病気として知られています。産婦人科医には、多くのカンジダの症状を訴える患者さんが通院されています。
カンジダは、女性にだけではなく男性にも、そしてお年寄り、子どもにも見られる病気です。カンジダだとは分からなくても、かゆみなどの症状から病院を訪れて、カンジダだと分かるケースも多いようです。
カンジダは、性器周りだけではなく口や爪などにも症状が出てきます。では、爪のカンジダの症状について詳しく調べてみましょう。
足の爪のカンジダの症状は、爪水虫と間違われやすいのですが、症状が少し違います。紅くなり、腫れるといった症状が爪に出てきた場合は、カンジダ症である事が多いようです。
足だけではありません。手の爪にもカンジダの症状は現れます。
爪甲に凸凹が出来た事がある人はいませんでしょうか。症状に当てはまる人、いると思います。
そういった症状が爪に出来るのは、カンジダだったというわけです。稀な症状ではなく、覚えがある人が多いのではないでしょうか。
というのも、水仕事をする女性には特に爪にもカンジダの症状を訴える人が多いのです。このように、カンジダは爪にも症状が現れる、大変厄介な病気です。
一時的に症状がなくなっても、カンジダは再発の可能性が大変高い病気です。少しでも症状がある方は、ぜひ病院で相談してください。